読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Share slide share

スライドシェアの紹介と感想【毎日更新】

【デザインでわかる】伝え方講座(Aさんが言うデザインとBさんの言うデザイン、結局どっちが正しいの?)

 
デザインのスライドだけど、これって汎用性ありそうと思ったスライドです。
ふじしたりょうじ さんの

「Aさんが言うデザインとBさんの言うデザイン、結局どっちが正しいの?」

 

このスライドのポイントは

①デザインにはアプローチの違う正解がいっぱいある

②自分のアプローチ方法とデザインを伝えることで、デザインに関する理解が深まる

③どんなアプローチを取るかは、しっかりと根拠立てよう

ということなのですが、

この「デザイン」の部分は、割とどんな意見に変えても意味が通じると思うのです。

 

私は企画を実現したいと思った時、(自分の中では)合理的な答えなのに、

なぜ他人はわかってくれないのだろうと思う時があります。

以前はそこで「この人とは意見が合わないし話し合っても無駄だ」と諦めていました。

しかし最近いろいろなところで教えてもらう機会があり、

自分がうまく伝えられていないのだと思うようになりました。

自分がうまく伝えられていたら

①合理的な場合 相手が納得してくれる

②どこかが間違っている場合 間違いを指摘して反論してくれる

はずなので、「なぜか相手がわかってくれない」状況は無くなるはずなのです。

 

デザインにも同じことが言えると、このスライドを見て思いました。

デザインという分野は、非言語化されている部分が大きい場合もあります。

しかし自分のデザインに対して、他者の納得感を得るには

アプローチを言語化する必要があるということです。